館内で防災コーナーを
常設しています!

関連ニュース

2016
11/1
第30回筑後川フェスティバルin大川
30回記念シンポジウム報告書を公開しました
2016
7/16
石井樋400年祭シンポジウム
「成富兵庫茂安と加藤清正」を公開しました
2016
7/16
石井樋400年祭シンポジウム
「成富兵庫茂安が佐賀に遺したもの」報告書を公開しました
2016
7/16
九州主要河川の防災・水利・環境歴史遺産に関する基礎調査
「平成27年度」調査報告書を公開しました
2016
7/16
九州河川災害ネットワーク交流会議
「第29回筑後川フェステバルin玖珠」報告書を公開しました
2016
12/26
「竹で作る正月飾り」教室が開催されました
2015
7/11
嘉瀨川交流軸事業報告書
H26年度嘉瀨川交流軸成果報告書を公開しました
2015
7/11
嘉瀨川交流軸事業報告書
H25年度嘉瀨川交流軸成果報告書を公開しました
2015
7/11
嘉瀨川交流軸事業報告書
H24年度嘉瀨川交流軸成果報告書を公開しました
2015
7/11
九州災害時救援・支援ネットワーク構築に関する基礎調査
「平成26年度」報告書を公開しました
2015
7/11
九州災害時救援・支援ネットワーク構築に関する基礎調査
「18.7 川内川災害現地調査」報告書を公開しました
2015
7/11
九州災害時救援・支援ネットワーク構築に関する基礎調査
「24.7 北部九州水害におけるボランティア活動の実態調査」中間報告書を公開しました
2015
7/11
3町連携水環境シンポジウム議事録報告書
「森林公園自然池の水質を良くするには」報告書を公開しました
2015
7/11
3町連携水環境シンポジウム議事録報告書
「森林公園に蛍を飛ばそう」報告書を公開しました

イベント情報

6月
6/17(日)
9:30~15:30
6/1から
募集開始
「バス見学会~五ヶ山ダム・田手川水辺施設を探訪する~」
福岡都市圏の水道用として完成した五ヶ山ダムは湛水試験に向けて水が貯められています。 県境に建設するダムの難しさとダムの働きを学びましょう。 また、成富兵庫が福岡側に流れていた水を蛤水道で導いた田出川に、魅力的な水辺施設が完成しました。 新たな里山の魅力を楽しみましょう。
6/16(土)
14:30~16:00
6/1から
募集開始
第3回嘉瀬川交流塾
「朝倉水害の復旧計画を考える」
昨年7月の九州北部豪雨により朝倉市を中心に未曽有の災害が発生しました。 被災を受けた地域をどのように復旧するかについては様々な考え方があります。 朝倉水害の復旧計画はどのような考え方で作られたのか、計画策定の当事者からお聞きします。
6/9(土)
9:30~12:30
6/1から
募集開始
竹林の保全と活用①~若竹の間伐を探る~
石井樋の上流には、成富兵庫茂安が暴れる水を抑えるための植えた真竹の竹林が残っています。 竹林の保全と活用事業の一環として、若竹(タケノコ)のうちに間伐し、ついでに食べる会を開きます。 茂安の治績に思いを馳せながら、竹の生命力を感じましょう。
5月
5/19(土)
13:30~15:00
5/1から
募集開始
第2回嘉瀬川交流塾
「朝倉災害の流木被害から何を学ぶか」
昨年7月の九州北部豪雨により発生した災害の最大の特徴は、真砂土と一緒に大量の流木が流れ下り、中小河川の流域に甚大な被害をもたらしたことです。 災害が発生した地域の林業の実情とこれほどの災害になった原因について、林業専門家のお話をお聞きいたします。
4月
4/21(土)
13:30~15:00
4/3から
募集開始
第1回嘉瀬川交流塾
「佐賀・筑後平野で活躍した治水・利水家群像を訪ねて」
成富兵庫茂安・加藤清正から始まった九州の治水・利水事業は筑後4堰を造り上げた農民達、 デ・レイケ導流提を築いた石黒五十二に引き継がれ、 中村哲医師が造るアフガニスタン水路にまで伝承されていきました。 両平野の水事業に関わった治水・利水家群像を探ります。
4/1(日)
9:30~15:00
終了
「成富兵庫・桜ウォーク+兵庫祭り」
成富兵庫が掘ったといわれている多布施川の桜並木を楽しみ、歴史的解説を交え石井樋までをのんびり、ゆっくり歩きます。