関連ニュース

2016
7/16
石井樋400年祭シンポジウム
「成富兵庫茂安と加藤清正」を公開しました
2016
7/16
石井樋400年祭シンポジウム
「成富兵庫茂安が佐賀に遺したもの」報告書を公開しました
2016
7/16
九州主要河川の防災・水利・環境歴史遺産に関する基礎調査
「平成27年度」調査報告書を公開しました
2016
7/16
九州河川災害ネットワーク交流会議
「第29回筑後川フェステバルin玖珠」報告書を公開しました
2016
12/26
「竹で作る正月飾り」教室が開催されました
2015
7/11
嘉瀨川交流軸事業報告書
H26年度嘉瀨川交流軸成果報告書を公開しました
2015
7/11
嘉瀨川交流軸事業報告書
H25年度嘉瀨川交流軸成果報告書を公開しました
2015
7/11
嘉瀨川交流軸事業報告書
H24年度嘉瀨川交流軸成果報告書を公開しました
2015
7/11
九州災害時救援・支援ネットワーク構築に関する基礎調査
「平成26年度」報告書を公開しました
2015
7/11
九州災害時救援・支援ネットワーク構築に関する基礎調査
「18.7 川内川災害現地調査」報告書を公開しました
2015
7/11
九州災害時救援・支援ネットワーク構築に関する基礎調査
「24.7 北部九州水害におけるボランティア活動の実態調査」中間報告書を公開しました
2015
7/11
3町連携水環境シンポジウム議事録報告書
「森林公園自然池の水質を良くするには」報告書を公開しました
2015
7/11
3町連携水環境シンポジウム議事録報告書
「森林公園に蛍を飛ばそう」報告書を公開しました

イベント情報

10月
10/9(日)
9:30~17:00
9/15から
募集開始
「石井樋ハーフキャンプ」
石井樋公園で宿泊なしのハーフキャンプを楽しみます。 略図と目標を便りにルートを探すウォーキング、ロープを使った木登り、宝探しゲーム、泥水を使ってお米を炊ける非常食づくり、みんなで作るカレーなどをボーイスカウトの指導を受けながら体験します。たくましく生きるコツを学んで下さい。
9月
9/24(土)
9:00~16:00
9/1から
募集開始
「成富兵庫茂安の事績・蛤水道などを訪ねるバスツアー」
蛤岳から福岡藩・那珂川に流下している佐賀藩の領内にある水を、巧みな水路を巡らして、不足する佐賀平野の水源とした成富兵庫茂安の「蛤水道」と、福岡都市圏の渇水に備える「五ヶ山ダム」が、完成間近にして試験湛水が始まることから、新旧の水源施設を訪ねるバスツアーを開催します。
9/17(土)
19:00~21:00
9/1から
募集開始
「観月会~秋の夜空を楽しもう~」
今年は9月15日が中秋の名月です。お月見というと旧暦8月15日の十五夜が最も有名ですが、日本では古来もうひとつ、旧暦9月13日の十三夜もまた美しい月であると重んじていました。 宇多法皇が九月十三夜の月を愛で、「無双」と賞したという逸話があり、昔は十五夜に月見をしたら、必ず十三夜にも月見をするものともされていました。 十五夜の月見だけでは「片見月」といって嫌われていたからだそうです。 月と地球の不思議な関係を学び、月が昇ったら天体望遠鏡で月の表面を観察してみましょう。
9/17(土)
13:30~15:00
9/1から
募集開始
第6回嘉瀬川交流塾
「激烈な災害に備える~熊本地震から何を学ぶか~」
熊本を中心に発生した直下型地震は、震度7が2回も続いたことで、多くの建物が崩壊し、土砂崩れは阿蘇大橋を一瞬で流してしまいました。東日本大震災、鬼怒川洪水、熊本地震とこれまで考えられなかった「想定外」の災害が頻発しています。 このような激烈災害の歴史をたどり、それにどのように備えるかを考えてみます。
8月
8/28(日)
9:30~13:00
8/2から
募集開始
「2日間は生き延びる~家庭での防災対策・段ボールベットを利用しよう~」
佐賀の災害は洪水、台風などの風水害が主で、2日間自力で耐えることができれば必ず救援がきます。 情報、水、食料、トイレ、非常食をどのように準備しておくかを学びます。また、避難したとき床に寝るのではなく段ボールを組み立て暖やプライバシーをどう守るか実践してみましょう。
8/21(日)
9:00~13:00
終了
「子どもの石井樋フェアー・川を楽しもう(第2回)」
川を安全に楽しむために川のことを学びましょう
四百年前に成富兵庫茂安が造った石井樋を舞台に、ライフジャケットを着けて水難救助訓練や象の鼻~天狗の鼻を巡る川流れ、カヌー・ゴムボートによる川登りなど、川の危険を知って、安全な川遊びについて体験学習をします。
8/20(土)
13:30~15:00
終了
第5回嘉瀬川交流塾
「クリークを防災に使うことが可能になった」
北山ダム・嘉瀬川ダム・筑後大堰・筑後川下流用水事業等の完成により、農業用水に対する不安が軽減したことで、佐賀・白石平野に網目状に張り巡らされたクリークの水路の水位を予め下げておいて、平地ダムとして活用することが可能になりました。 佐賀平野・白石平野の取り組みを紹介していただきます。
8/7(日)
9:00~12:30
終了
「嘉瀬川の水中生物観察」
嘉瀬川には多くの水生昆虫がすんでいます。 石井樋公園の嘉瀬川で水生昆虫を採集しその生態を学び、標本作りやマイ図鑑を作りましょう。 長崎大学(水産・環境科学研究科)の学生さんたちと一緒に川に入り、生き物たちに触れて楽しみましょう。
7月
7/31(日)
9:00~12:30
終了
「水で遊ぼう・生物観察&水の科学実験」
鉄の船や鉄のクリップがなぜ水に浮かぶのかを考えてみよう。水は身近な存在でありながら不思議にみちています。 水圧や浮力など、水に関係したいろいろな現象を実験で確かめ、水の中の小さな生き物で水質を調べ、顕微鏡で観察しましょう。
7/24(日)
9:00~13:00
終了
「子どもの石井樋フェアー・川を楽しもう(第1回)」
川を安全に楽しむために川のことを学びましょう
四百年前に成富兵庫茂安が造った石井樋を舞台に、ライフジャケットを着けて水難救助訓練や象の鼻~天狗の鼻を巡る川流れ、カヌー・ゴムボートによる川登りなど、川の危険を知って、安全な川遊びについて体験学習をします。
7/16(土)
13:30~15:00
終了
第4回嘉瀬川交流塾
「厳木川・松浦川の歴史と地域活動について」
唐津市相知町「町切」で間伐材を使って、高校生と一緒に水車を復元して、川との暮らしや自然体験活動に長年取り組んでいる事例を紹介し、松浦川流域の自然と歴史について理解を深め、嘉瀬川流域との違いについて学びましょう。
7/3(日)
9:30~12:30
終了
七夕祭り~竹と遊ぼう~
成富兵庫がつくった石井樋では竹林が重要な役目を果たしています。 竹林の果たす役割を学び、竹を切り出して七夕竹飾り、竹鉄砲づくり、竹モビールを作って楽しみましょう。
6月
6/18(土)
13:30~15:00
終了
第3回嘉瀬川交流塾
「記者がみた有明海の現状と課題」
有明海の環境問題は、環境異変を科学的に解明することから離れ、利害関係者の対立、地域間の対立、司法における対立などの社会的対立がメインテーマになっています。 長期間にわたって幅広い取材を続けてきた新聞記者の目から見た有明海の現状と課題を語っていただきます。
5月
5/21(土)
13:30~15:00
終了
第2回嘉瀬川交流塾
「文献に見る北山ダム・嘉瀬川ダムの補償の精神について」
嘉瀬川上流に設けられた北山ダムと嘉瀬川ダムは、佐賀平野・白石平野の利水・治水に大きく貢献しています。 これらのダムが完成するには水没地域の方々の理解が不可欠でした。 ダム実現に向けて、担当者たちがどのような精神で取り組んだのかについて、補償の視点から探ってみたいと思います。
5/15(日)
9:30~13:00
終了
春の石井樋 食べる植物観察会
名前も特徴も知らなければただの雑草ですが、植物にはそれぞれ名前がついており、それぞれ個性を持っています。 中には食べると春の香りのする草花もあります。 石井樋周辺の食べられる草花を採集し、防災食と一緒に食べて、味を確かめてみましょう。 草花の名前を一番覚える方法は食べてみることです。
4月
4/17(日)
9:30~12:30
終了
「~春の石井樋公園 探鳥会~」
石井樋公園では山野の鳥と水辺の鳥と両方を30種以上観察することができます。 その貴重な生態を「日本野鳥の会」の方々の解説を交え~感動する野鳥たち~のお話を伺った後、実際にフィールドに出て、観察の仕方やコツを教えて頂きながら野鳥を楽しみましょう。
4/16(土)
13:30~15:00
終了
第1回嘉瀬川交流塾
「有明軟弱地盤を味方につける耐震設計法~軟弱地盤免震~」
佐賀平野は有明海の潮汐と、筑後川などの河川から運ばれる土砂による軟弱な粘土が厚く堆積している。 この地域で地震が発生したらどうなるのか、耐震と免震について考えます。