イベント情報

7月
7/3(日)
9:30~12:30
6/1から
募集開始
七夕祭り~竹と遊ぼう~
成富兵庫がつくった石井樋では竹林が重要な役目を果たしています。 竹林の果たす役割を学び、竹を切り出して七夕竹飾り、竹鉄砲づくり、竹モビールを作って楽しみましょう。
6月
6/18(土)
13:30~15:00
6/1から
募集開始
第3回嘉瀬川交流塾
「記者がみた有明海の現状と課題」
有明海の環境問題は、環境異変を科学的に解明することから離れ、利害関係者の対立、地域間の対立、司法における対立などの社会的対立がメインテーマになっています。 長期間にわたって幅広い取材を続けてきた新聞記者の目から見た有明海の現状と課題を語っていただきます。
5月
5/21(土)
13:30~15:00
終了
第2回嘉瀬川交流塾
「文献に見る北山ダム・嘉瀬川ダムの補償の精神について」
嘉瀬川上流に設けられた北山ダムと嘉瀬川ダムは、佐賀平野・白石平野の利水・治水に大きく貢献しています。 これらのダムが完成するには水没地域の方々の理解が不可欠でした。 ダム実現に向けて、担当者たちがどのような精神で取り組んだのかについて、補償の視点から探ってみたいと思います。
5/15(日)
9:30~13:00
終了
春の石井樋 食べる植物観察会
名前も特徴も知らなければただの雑草ですが、植物にはそれぞれ名前がついており、それぞれ個性を持っています。 中には食べると春の香りのする草花もあります。 石井樋周辺の食べられる草花を採集し、防災食と一緒に食べて、味を確かめてみましょう。 草花の名前を一番覚える方法は食べてみることです。
4月
4/17(日)
9:30~12:30
終了
「~春の石井樋公園 探鳥会~」
石井樋公園では山野の鳥と水辺の鳥と両方を30種以上観察することができます。 その貴重な生態を「日本野鳥の会」の方々の解説を交え~感動する野鳥たち~のお話を伺った後、実際にフィールドに出て、観察の仕方やコツを教えて頂きながら野鳥を楽しみましょう。
4/16(土)
13:30~15:00
終了
第1回嘉瀬川交流塾
「有明軟弱地盤を味方につける耐震設計法~軟弱地盤免震~」
佐賀平野は有明海の潮汐と、筑後川などの河川から運ばれる土砂による軟弱な粘土が厚く堆積している。 この地域で地震が発生したらどうなるのか、耐震と免震について考えます。