関連ニュース

2016
11/1
第30回筑後川フェスティバルin大川
30回記念シンポジウム報告書を公開しました
2016
7/16
石井樋400年祭シンポジウム
「成富兵庫茂安と加藤清正」を公開しました
2016
7/16
石井樋400年祭シンポジウム
「成富兵庫茂安が佐賀に遺したもの」報告書を公開しました
2016
7/16
九州主要河川の防災・水利・環境歴史遺産に関する基礎調査
「平成27年度」調査報告書を公開しました
2016
7/16
九州河川災害ネットワーク交流会議
「第29回筑後川フェステバルin玖珠」報告書を公開しました
2016
12/26
「竹で作る正月飾り」教室が開催されました
2015
7/11
嘉瀨川交流軸事業報告書
H26年度嘉瀨川交流軸成果報告書を公開しました
2015
7/11
嘉瀨川交流軸事業報告書
H25年度嘉瀨川交流軸成果報告書を公開しました
2015
7/11
嘉瀨川交流軸事業報告書
H24年度嘉瀨川交流軸成果報告書を公開しました
2015
7/11
九州災害時救援・支援ネットワーク構築に関する基礎調査
「平成26年度」報告書を公開しました
2015
7/11
九州災害時救援・支援ネットワーク構築に関する基礎調査
「18.7 川内川災害現地調査」報告書を公開しました
2015
7/11
九州災害時救援・支援ネットワーク構築に関する基礎調査
「24.7 北部九州水害におけるボランティア活動の実態調査」中間報告書を公開しました
2015
7/11
3町連携水環境シンポジウム議事録報告書
「森林公園自然池の水質を良くするには」報告書を公開しました
2015
7/11
3町連携水環境シンポジウム議事録報告書
「森林公園に蛍を飛ばそう」報告書を公開しました

お知らせ

開館のお知らせ さが水ものがたり館は2020年5月26日(火)より通常通り開館しております

イベント情報

11月
11/20(土)
13:30~15:00
申込不要
第8回嘉瀬川交流塾
討論「佐賀市内水ハザードマップから何を読み解くか」
2020年12月、佐賀市は「佐賀市内水ハザードマップ(避難地図)を各戸に配布しました。 2019年の内水氾濫を受けての刊行と思われますが、この内水ハザードマップは非常に有益で貴重な情報が数多く掲載されています。 ただ、この情報を読み解き活用するには基礎的な知識が必要です。 ハザードマップを刊行した佐賀市の担当者と防災の専門家が参加して討論形式で、わかりやすく読み解いていきます。
10月
10/23(土)~24(日)
23(土)10:00~24(日)12:00
10/5(火)9:30
から
募集開始
「石井樋こどもソフトサバイバルキャンプ」
各地で災害が発生しています。 どのような災害でも1日から2日間は自分の力(自助)で生き残らなければいけません。 生き残るための基本的な技術と災害時にどのようにふるまうかを学ぶサバイバルキャンプを一泊二日の日程でさが水ものがたり館で行います。
10/16(土)
9:30~15:00
10/1(金)9:30
から
募集開始
第7回嘉瀬川交流塾
「佐賀導水・城原川ダムを巡るバス見学会」
佐賀県内の重要な3本の河川、筑後川と城原川と嘉瀬川は、3本の川を横につなぐ川・佐賀導水で繋がっています。 洪水時に、どこかの川に余裕があれば、平野に降った雨をその川に流すこともできますし、九州最大の河川・筑後川の水を農業用水や水道用水に利用することもできます。 3本の川を横に繋ぐ不思議な川・佐賀導水の機能を学びます。 併せて、現在ダム建設が進んでいる城原川ダムサイトを見学します。
9月
9/26(日)
13:00~20:00
募集終了
「こどもサバイバルハーフキャンプ」
石井樋公園で宿泊なしのハーフキャンプを楽しみます。 石井樋公園内の巨木に上るツリークライミング体験、ボーイスカウト隊長直伝のロープワーク、夜の石井樋散策、みんなで作るカレーなどをボーイスカウトの指導を受けながら体験します。 たくましく生きるコツを学んで下さい。みんなで楽しみましょう。
9/18(土)
13:30~15:00
申込不要
第6回嘉瀬川交流塾
「ラムサール登録から東よか干潟ビジターセンター「ひがさす」建設までの道のり」
東よか干潟は、「シギ・チドリ飛来数日本一」を誇る自然豊かな干潟です。シギ・チドリ等の渡り鳥が東よか干潟を選択する理由は、えさの豊富さと人間(狩猟)を含む天敵の少なさにあります。 地元住民、佐賀市、NPO法人等の協力が実を結び、2015年に肥前鹿島干潟とともにラムサール登録湿地に指定されました。 また、佐賀市はこの豊かな資産を次世代に継承するための活動の拠点として東よか干潟ビジターセンター「ひがさす」を建設しました。 その中心となって活動された講師からその経緯と東よか干潟の魅力をお聞きしたいと思います。
9/4(土)
9:30~12:30
終了
「嘉瀬川防災教室~地域の防災を考えよう~」
最近の豪雨災害は極端で各地で大きな被害を及ぼしています。 一昨年8月に発生した「佐賀豪雨」では牛津川流域、武雄市・大町町を中心とした六角川流域に大きな被害を与えました。 大きな災害時に最初に考えなければならないことは「自分の命を守る」ことです。 災害が発生した時どのように行動するかを前もって考えておくやり方に「マイタイムラインづくり」があります。 嘉瀬川が氾濫することを想定して「マイタイムライン」をつくり、災害に備えましょう。
8月
8/21(土)
13:30~15:00
申込不要
第5回嘉瀬川交流塾
討論「佐賀平野の治水対策を考える」
2019年8月、佐賀県福岡県の広い範囲で線状降水帯が発生し牛津川流域の多久市、六角川周辺の武雄市、大町町を中心に、大きな浸水被害が発生しました。 この災害は激甚災害に認定され、5年計画で激特事業が実施されていますが、未だ多くの課題を抱えています。 牛津川流域、六角川左岸の流域特性を再検討し、今後の佐賀平野の治水対策の方向性を討論してみたいと思います。
8/7(土)
11:30~16:00
7/16(火)9:30
から
募集開始
「嘉瀬川河口での牡蠣礁復活竹立て作業」
有明海の環境問題で最もやっかいな貧酸素水塊を減らすには、二枚貝を増やすことが最も効果的であることが科学的に証明されています。 さが水ものがたり館近くの兵庫竹林の竹を伐採し、嘉瀬川河口に立て込んで牡蠣を増やす作業を漁民の皆さんと一緒に取り組んでいます。 干潟の泥に浸かっての作業はなかなか大変ですが、終わった後はスカッとします。
8/1(日)
9:30~12:00
募集終了
「嘉瀬川の水中生物観察」
嘉瀬川には多くの水生昆虫がすんでいます。石井樋公園の嘉瀬川で水生昆虫を採集しその生態を学び、標本作りやマイ図鑑を作りましょう。 長崎大学(水産・環境科学研究科)の学生さんたちと一緒に川に入り、生き物たちに触れて楽しみましょう。
7月
7/24(土)
9:30~12:00
募集終了
「水で遊ぼう・生物観察&水の科学実験」
鉄の船や鉄のクリップがなぜ水に浮かぶのかを考えてみよう。 水は身近な存在でありながら不思議にみちています。 水圧や浮力など、水に関係したいろいろな現象を実験で確かめ、水の中の小さな生き物で水質を調べ、顕微鏡で観察しましょう。
7/17(土)
13:30~15:00
申込不要
第4回嘉瀬川交流塾
「球磨川の治水対策・流域治水の在り方を探る」
2020年7月、九州南部に線状降水帯が発生し、熊本県南部を流れる球磨川流域で、大きな災害が発生しました。 球磨川の水害の危険性は以前から指摘され、支流の川辺川にダムも計画されましたが、環境・地域らしさを巡って対立が激化し、熊本県知事の判断で、ダム計画は中止されました。 今回の災害を踏まえ改めてダム建設を含む総合的な治水策が検討されています。新たに提案されている流域治水の考え方も含めて、球磨川の治水の在り方を探りたいと思います。
7/11(日)
9:30~13:00
募集終了
「子どもの石井樋フェアー・川を楽しもう」
川を安全に楽しむために川のことを学びましょう。 四百年前に成富兵庫茂安が造った石井樋を舞台に、ライフジャケットを着けて水難救助訓練や象の鼻~天狗の鼻を巡る川流れ、カヌー・ゴムボートによる川登りなど、川の危険を知って、安全な川遊びについて体験学習をします。
6月
6/19(土)
9:30~15:00
6/1(火)9:30
から
募集開始
第3回嘉瀬川交流塾
「佐賀豪雨被災流域(六角川・牛津川)を巡るバス見学会」
令和元年佐賀豪雨により、六角川・牛津川流域で床上浸水・油流出等の大きな被害が発生しました。 現在、両河川では国の激甚災害指定を受けて、新遊水地(牛津川)建設を含む復旧・復興事業が計画されています。 両河川の被災状況と復旧・復興計画を現地を巡って学びます。
6/12(土)
9:30~12:30
5/18(火)9:30
から
募集開始
尼寺竹林の竹切作業「タケノコ沢山お持ち帰り付き」
石井樋の上流には、成富兵庫茂安が暴れる水を抑えるために植えた真竹の竹林が残っています。 竹林の保全と活用事業(竹を切って、有明海の干潟に立て込んで牡蠣礁を増やす)の一環として、竹切作業を行います。 この時期は真竹のタケノコの時期です。作業のご褒美として若竹(タケノコ)取り(掘るのではなく、折ります)をして、持ち帰ることができます。 茂安の治績に思いを馳せながら、竹の生命力を感じながら作業しましょう。
5月
5/30(日)
9:30~12:00
嘉瀬川の歴史と防災事業を探るウォークキング
成富兵庫が佐賀城下に水を送るために嘉瀬川に設けた石井樋を出発し、嘉瀬川の治水能力を高めるために繁茂しすぎた竹林を伐採している工事現場、 佐賀平野と白石平野に水を送っている川上頭首工、佐賀の一之宮である與止日女神社等を巡り石井樋公園に戻るコースを、ゆっくり歩きます。
5/15(土)
13:30~15:00
申込不要
第2回嘉瀬川交流塾
「筑後川瀬ノ下40トン/s問題を考える」
福岡都市圏の水道用水の確保と、有明海の干満の差を利用して筑後川の淡水をクリークに取り込む淡水(あお)取水の不安定さを解消することを目的に計画された筑後大堰は、完成に至るまでには、多くの困難がありました。 なかでも、当時漁獲漁業の不振に変わるものとして、大きな期待をもって取り組まれていた「ノリ養殖」に影響があることを危惧した漁民との対立は深刻でした。 一時交渉は暗礁に乗り上げましたが、多くの人の努力と和解により、瀬ノ下地点で40トン/sを確保することで決着を見ました。 改めて瀬ノ下40トン/sで決着に至るまでの経緯について考えます。
5/1(土)
面接
「水と子供の自然塾」参加者募集
4月
4/17(土)
13:30~15:00
申込不要
第1回嘉瀬川交流塾
「ダムの歴史と最近のダムに関する話題」
日本に多数存在するダム。昨今は、気候変動等の影響で洪水が頻発化・激甚化する中、治水や渇水面、水力発電等でダムの役割が見直されてきています。 また、ダムツーリズムやダムカードといったダムそのものを観光資源にする動きも活発になっています。 今回は、ダムとは何かについて考えるため、ダムの歴史と役割、最新のダム計画の動き、地域活性化も含めた今後のダムの活用方法等を幅広く紹介します。