関連ニュース

2016
11/1
第30回筑後川フェスティバルin大川
30回記念シンポジウム報告書を公開しました
2016
7/16
石井樋400年祭シンポジウム
「成富兵庫茂安と加藤清正」を公開しました
2016
7/16
石井樋400年祭シンポジウム
「成富兵庫茂安が佐賀に遺したもの」報告書を公開しました
2016
7/16
九州主要河川の防災・水利・環境歴史遺産に関する基礎調査
「平成27年度」調査報告書を公開しました
2016
7/16
九州河川災害ネットワーク交流会議
「第29回筑後川フェステバルin玖珠」報告書を公開しました
2016
12/26
「竹で作る正月飾り」教室が開催されました
2015
7/11
嘉瀨川交流軸事業報告書
H26年度嘉瀨川交流軸成果報告書を公開しました
2015
7/11
嘉瀨川交流軸事業報告書
H25年度嘉瀨川交流軸成果報告書を公開しました
2015
7/11
嘉瀨川交流軸事業報告書
H24年度嘉瀨川交流軸成果報告書を公開しました
2015
7/11
九州災害時救援・支援ネットワーク構築に関する基礎調査
「平成26年度」報告書を公開しました
2015
7/11
九州災害時救援・支援ネットワーク構築に関する基礎調査
「18.7 川内川災害現地調査」報告書を公開しました
2015
7/11
九州災害時救援・支援ネットワーク構築に関する基礎調査
「24.7 北部九州水害におけるボランティア活動の実態調査」中間報告書を公開しました
2015
7/11
3町連携水環境シンポジウム議事録報告書
「森林公園自然池の水質を良くするには」報告書を公開しました
2015
7/11
3町連携水環境シンポジウム議事録報告書
「森林公園に蛍を飛ばそう」報告書を公開しました

お知らせ

開館のお知らせ さが水ものがたり館は5月26日(火)より通常通り開館します

イベント情報

案内
募集終了
「水と子供の自然塾」参加者募集
 
3月
3/28(日)
9:30~15:00
3/2から
募集開始
「成富兵庫・桜ウォーク+兵庫祭り」
成富兵庫が石井樋から取水した水を佐賀城下に配水するために掘ったと伝えられる多布施川の桜並木を楽しみ、歴史的施設を巡りながら石井樋公園水功の碑までをのんびり、ゆっくり歩きます。
3/20(土)
13:30~15:00
申込不要
第10回嘉瀬川交流塾
討論会「佐賀県森川海人っプロジェクトが目指すもの」
佐賀県は、山口知事の発案で「森川海人っプロジェクト」を行っています。プロジェクトを通して、ひとりひとりが佐賀県の森川海のことを知り、体験し、 「森川海はひとつ」という思いをひとつにすることで、次の世代の豊かな暮らしへつなげることを目指していますが、 具体的にどのような取り組みを行っているか、事業を実施している佐賀県の担当者の夢も交えて討論会を行いたいと思います。
3/17(水)
9:30~15:00
2/16から
募集開始
特別例会 嘉瀬川交流塾
「蛤水道と小水力発電を巡るバス見学会」
成富兵庫茂安は、田手川流域の水不足を解消するため、那珂川を通して博多湾に流れ出ていた蛤岳山地(佐賀藩領)の雨水を、蛤水道を築いて田手川(佐賀藩)に送る水システムを構築しました。 また、田手川水系の農業用水を活用して小水力発電システムを構築し、地域を元気にする取り組みが注目を集めています。 武将が築いた水供給システムと、集落の知恵と団結で構築された自然エネルギーシステムを見学します。
2月
2/20(土)
13:30~15:00
申込不要
第9回嘉瀬川交流塾
「最近頻発する豪雨と渇水から、改めてダムの機能を考える」
2019年8月には九州北部を、2020年7月には球磨川流域を線状降水帯による豪雨が襲い、流域に大きな被害を与えました。 一方、2019年春から夏にかけてはほとんど雨が降らず、渇水調整を行ったにもかかわらず、嘉瀬川ダムの水位は12%まで低下しました。 最近の激しい気候変動を受けて、改めてダムの果たす機能が再検討されています。 これまでのダムの歴史を振り返るとともに、今後のダムの在り方を考えてみたいと思います。
1月
1/17(日)
9:30~16:00
12/15から
募集開始
特別例会 嘉瀬川交流塾
「嘉瀬川・厳木川のダム見学会」
平成30年7月豪雨で嘉瀬川の水位は過去40年間で最大の水位となりましたが、平成23年に完成した嘉瀬川ダムが約80㎝水位低下させる貯水効果を果たしたことにより越水には至りませんでした。 また、令和2年7月に発生した球磨川水害を契機に、ダムの機能と課題についての議論が再燃しています。 嘉瀬川と厳木川上流ダム群の現地見学を通して、改めてダム問題を考えてみたいと思います。
1/16(土)
13:30~15:00
申込不要
第8回嘉瀬川交流塾
「平野に湧水池があるなんて信じられますか」
六角川右岸、白石町西部の杵島山麓一帯には、数多くの湧水池が分布し、縫ノ池も八百年以上、地元の人々に愛されてきました。 ところが、白石地区の水道水と農業用水を確保するため、深井戸ポンプを用いて地下水を揚水したため、地下水位が低下し、湧水が途絶え、池が干上がってしまいました。 二〇〇一年、嘉瀬川から佐賀西部広域水道企業団から飲料水の供給が始まったことで地下水位が上昇し、湧水が復活しました。 それを機に、地元で「縫ノ池湧水会」が結成され、保全・利活用の活動が活発に行われています。湧水池復活の経緯と湧水会の活動状況をお聞きします。
12月
12/26(土)
13:30~15:00
申込不要
第7回嘉瀬川交流塾
「土木技術者中村哲医師の業績を探る」
戦乱の地アフガニスタンで医療活動をつづけた中村哲医師は、「きれいな水がないと病気に立ち向かえない」と井戸掘削事業を始めます。 また、「農業で暮らせる村をつくらないと戦場に駆り出された農民が帰ってくるところがない」と水路掘削事業に着手します。 成富兵庫茂安・加藤清正から多くを学んだ筑後川流域の農民が構築した山田堰と堀川用水をヒントに、水害と戦乱で荒れ果てたアフガニスタンの大地に広大な水システムを構築し、緑の農地を作り上げました。 福岡の地で中村哲医師を支え続けたペシャワール会事務局長を招いて、中村哲医師の土木技術者としての業績を探ります。
11月
11/21(土)
13:30~15:00
申込不要
第6回嘉瀬川交流塾
「松浦川駒鳴地区での活動」
松浦川は、駒鳴地区で大きく蛇行していたため通水障害を起こし、しばしば洪水に見舞われていました。 平成16年にショートカットが完成し、防災機能をそちらに移したことで、旧河川は昔懐かしい川の風景を残したままで、水辺施設「ウォーターフロントこまなき」として保全されました。 ゲリラ豪雨の時でも増水が少ない安全・安心なこの水辺施設を使って、地域の方々が数々の魅力的なイベント実施をしておられます。 水辺の利活用が活発な先進地域の取り組みに学び、今後の我々の活動に活かしていきましょう。
10月
10/25(日)
12:30~20:00
終了
「こどもサバイバルハーフキャンプ」
石井樋公園で宿泊なしのハーフキャンプを楽しみます。 石井樋公園内の巨木に上るツリークライミング体験、ボーイスカウト隊長直伝のロープワーク、夜の石井樋散策、みんなで作るカレーなどをボーイスカウトの指導を受けながら体験します。 たくましく生きるコツを学んで下さい。みんなで楽しみましょう。
10/17(土)
13:30~15:00
申込不要
第5回嘉瀬川交流塾
「佐賀平野の成り立ちと新たな活断層の発見」
1万5千年前から地球が温暖化が始まり、海面が上昇して有明海が生まれ、弥生時代に最高水位に達し、次第に海面が下がると同時に河川から流れるこむ堆積物で筑後・佐賀平野が形成されました。 佐賀平野がどのように生まれ、成長したかを地下堆積物から読み解く地質学の面白さを堪能してください。 加えて佐賀平野に新たに発見された活断層の正体を教えていただきます。
10/10(土)
9:30~12:00
終了
「竹の水車で電気を起こす」
各地で毎年のように水害が発生していますが、川の水には我々人間に役に立つ「利水」の側面もあります。 「利水」というと農業用水・水道用水を思い浮かべますが、水力発電も「利水」の重要な一面です。 今回のイベントでは、石井樋公園内の竹で水車を作り、嘉瀬川の水の力を使って発電をする実験を行います。 水は怖い存在だけではなく、楽しい一面もある事をイベントで通じて体感しましょう。
9月
9/19(土)
13:30~15:00
申込不要
第4回嘉瀬川交流塾
「コンピューターシミュレーションで城原川流域の避難経路を探る」
国土交通省は、国土交通省が管理する河川全てで、河川が破堤した場合の浸水シミュレーション結果を公表しています。 城原川が破堤した場合、どのように浸水し、避難経路にどのような障害が発生するかについて詳細なシミュレーションが行われ、その結果に基づいて高架道路の提案がなされました。城原川流域の避難経路の在り方を探ります。
9/5(土)
9:30~12:30
終了
「嘉瀬川防災教室~地域の防災を考えよう~」
最近の豪雨災害は極端で各地で大きな被害を及ぼしています。昨年8月に発生した「佐賀豪雨」では牛津川流域、武雄市・大町町を中心とした六角川流域に大きな被害を与えました。 大きな災害時に最初に考えなければならないことは「自分の命を守る」ことです。 災害が発生した時どのように行動するかを前もって考えておくやり方に「マイタイムラインづくり」があります。嘉瀬川が氾濫することを想定して「マイタイムライン」をつくり、災害に備えましょう。
8月
8/30(日)(7/12(日)延期分)
9:30~13:00
募集締切
「子どもの石井樋フェアー・川を楽しもう」
川を安全に楽しむために川のことを学びましょう。 四百年前に成富兵庫茂安が造った石井樋を舞台に、ライフジャケットを着けて水難救助訓練や象の鼻~天狗の鼻を巡る川流れ、カヌー・ゴムボートによる川登りなど、川の危険を知って、安全な川遊びについて体験学習をします。
8/22(土)~23(日)
10:00~翌11:30
募集締切
「石井樋こどもサバイバルキャンプ」
各地で災害が発生しています。どのような災害でも1日から2日間は自分の力(自助)で生き残らなければいけません。 生き残るための基本的な技術と災害時にどのようにふるまうかを学ぶサバイバルキャンプを一泊二日の日程でさが水ものがたり館で行います。
8/15(土)
13:30~15:00
申込不要
第3回嘉瀬川交流塾
「六角川流域の治水対策を考える」
令和元年8月28日、牛津川、六角川流域で集中豪雨による大規模な浸水が発生しました。 牛津川が越水し、流域のいたるところで床上浸水が発生しました。 幸い六角川は越流には至りませんでしたが武雄市、大町町を中心に山からの水が行き場を失い、大きな被害を与えました。 六角川の将来構想を検討する会の座長を務められた大串先生(河川工学)から現在検討されている六角川流域の治水対策を講演していただいた後、参加者間で討論を行い、六角川流域の治水対策についての認識を深めたいと思います。
8/2(日)
9:30~12:00
終了
「嘉瀬川の水中生物観察」
嘉瀬川には多くの水生昆虫がすんでいます。石井樋公園の嘉瀬川で水生昆虫を採集しその生態を学び、標本作りやマイ図鑑を作りましょう。 長崎大学(水産・環境科学研究科)の学生さんたちと一緒に川に入り、生き物たちに触れて楽しみましょう。
8/1(土)
10:30~16:00
終了
「嘉瀬川河口での牡蠣礁復活竹立て作業」
有明海の環境問題で最もやっかいな貧酸素水塊を減らすには、二枚貝を増やすことが最も効果的であることが科学的に証明されています。 さが水ものがたり館近くの兵庫竹林の竹を伐採し、嘉瀬川河口に立て込んで牡蠣を増やす作業を漁民の皆さんと一緒に取り組んでいます。 干潟の泥に浸かっての作業はなかなか大変ですが、終わった後はスカッとします。
7月
7/26(日)
9:30~12:00
終了
「水で遊ぼう・生物観察&水の科学実験」
鉄の船や鉄のクリップがなぜ水に浮かぶのかを考えてみよう。水は身近な存在でありながら不思議にみちています。 水圧や浮力など、水に関係したいろいろな現象を実験で確かめ、水の中の小さな生き物で水質を調べ、顕微鏡で観察しましょう。
7/18(土)
13:30~15:00
申込不要
第2回嘉瀬川交流塾
「改めて成富兵庫茂安の人物像を探る」
コロナウィルス感染が世界中に拡大し、我々の日常生活はほとんど止まってしまいました。 どうやら人類が感染症を根絶することは不可能で、細菌やウィルスと共存しながら被害を少なくする方法を模索する以外はなさそうです。 武田信玄・加藤清正・成富兵庫茂安といった戦国武将は、ある程度の被害を許容する手法で荒ぶる水害と向き合い、ため池や堰・用水路、淡(あお)取水などの方法で日常の生産活動を脅かす干ばつに備えました。 激烈な戦の真っただ中で、荒ぶる自然と折り合いながら災害に備えた戦国武将の人物像と思想から現代の災害に向き合う道を探ってみたいと思います。
7/12(日)→延期:8/30(日)
9:30~13:00
募集締切
「子どもの石井樋フェアー・川を楽しもう」
川を安全に楽しむために川のことを学びましょう。 四百年前に成富兵庫茂安が造った石井樋を舞台に、ライフジャケットを着けて水難救助訓練や象の鼻~天狗の鼻を巡る川流れ、カヌー・ゴムボートによる川登りなど、川の危険を知って、安全な川遊びについて体験学習をします。
6月
6/20(土)
13:30~15:00
申込不要
第1回嘉瀬川交流塾
「嘉瀬川流域の水災害に備える」
令和元年8月豪雨により佐賀県内各地で大きな浸水被害が発生しました。 報道では武雄・大町が注目を浴びましたが、佐賀市内もいたるところで床上浸水被害を受けました。 今回は幸い嘉瀬川の水位はそれほど上昇しませんでしたが、いつ嘉瀬川が破堤するような洪水が起こるかはわかりません。 嘉瀬川及びその流域の水防災の現状を検討し、どのように備えるかについて考えます。
6/13(土)
9:30~12:30
終了
尼寺竹林の竹切作業「タケノコ沢山お持ち帰り付き」
石井樋の上流には、成富兵庫茂安が暴れる水を抑えるために植えた真竹の竹林が残っています。 竹林の保全と活用事業(竹を切って、有明海の干潟に立て込んで牡蠣礁を増やす)の一環として、竹切作業を行います。 この時期は真竹のタケノコの時期です。作業のご褒美として若竹(タケノコ)取り(掘るのではなく、折ります)をして、持ち帰ることができます。 茂安の治績に思いを馳せながら、竹の生命力を感じながら作業しましょう。